韓国料理はダイエットの味方|日本人好み韓国料理店

日本人好み韓国料理店

私は太っています。だからって訳ではないのですが、韓国料理をよく食べ大好きな食べ物の1つです。まず韓国料理は、新陳代謝を上げてくれるので、キムチ鍋なんかを食べたら、真冬でも汗がダラダラ出てくるので、食べているのにまるで運動をしているような気分になり、結局たくさん食べてしまって、また体が大きくなってしまうのが、たまにきずです。でもやっぱり韓国料理は体温や新陳代謝を上げてくれるので、私は毎日でも食べたいです。ダイエットにはやり方があって、食べ合わせを考えて食べると太りにくいみたいです。それで思ったのが韓国料理は理にかなってると。韓国料理の定番の焼肉のお肉を食べる前にキムチを食べると、太りにくく痩せやすい体になるそうです。だから韓国の女の人は、細いのによく食べる人が多いのは韓国料理には、無料でキムチや他の野菜がたくさん出てくるからなのかもしれません。ダイエット時には食べ物を控えてしまいがちですが、よく食べて新陳代謝を上げる方が近道かもしれません。韓国料理は、お肉料理もたくさんありますが、とにかく野菜がいろんなメニューに入っているので、健康的に痩せることが出来て、私みたいに太っている人には、美味しく食べられてなおかつ痩せられるので、韓国料理はまるで正義の味方です。これからの時期は、韓国料理のシーズンです。冬の間に適量の韓国料理を食べて、身も心もストレスを吹っ飛ばして、来年の春には、韓国料理ダイエットが成功させます。

キムチを使用した韓国料理

私が行く韓国料理の店には、キムチを使った色々な料理があります。キムチを使用した韓国料理といえば、キムチ鍋・キムチチャーハンなどが有名だと思います。私も店に行くとキムチ鍋・キムチチャーハンなどを食べますが、豚キムチ・納豆キムチ・茹で豚キムチ・キムチ餃子なども食べます。まず豚キムチは豚肉とキムチを炒めて味を整えるだけの簡単な調理で出来るので、私も自宅で作ったりします。私の場合はキムチが、酸化して酸っぱくなったら豚キムチを作ります。次に納豆キムチですが、これも調理法は簡単で納豆の上にキムチをのせれば完成です。

韓国料理 辛いのは大の苦手

私は辛い食べ物が苦手だ。韓国料理など自分から進んで食べに行きたいと思ったことは無い。特に韓国料理の中でもキムチ大の苦手である。食べるときは水洗いをして食べる。友人に話すとみんな馬鹿にされる。それでもダメなものはダメだ。韓国料理で使われる赤い食材、特に唐辛子は体によく冷え性の私に一番必要な食材だと判っている。

韓国の文化と韓国料理

海外旅行で手軽に行ける場所に「韓国」があります。日本のとなりにある国ですので、時差がありません。時差ボケという現象に悩まされることもありません。食事についても、日本人の口によく合う料理が提供されることが多いです。よく知られているものには「石焼ビビンバ」や「焼肉」などがあります。主食は日本と同じで「ごはん」です。日本語が通じること、日本語表記が多いことがありまして、言葉に困ることはまず、ないでしょう。

西のコリアンタウン!鶴橋の韓国料理店

東のコリアンタウンが東京・新宿の新大久保であるなら、西のコリアンタウンは、大阪市生野区の鶴橋である。明治・大正時代に日本本統治下だった朝鮮半島から、豊かな生活を求め日本に移住した朝鮮人は、その多くが京阪神に住んでおり、京阪神は現在でも朝鮮からの移民が全国一多いエリアとして知られてる。この鶴橋は、ディープな観光スポットとして、今、最も注目を集めているエリアなのだ。実際に、鶴橋の駅に降り立ってみると、その景色はすでに異国情緒が漂う。

韓国料理の色々なキムチ

私が前に韓国に旅行に行った際に、焼肉やチゲ鍋などの韓国料理を食べました。その際に日本では食べた事のない、色々なキムチがありました。韓国にはキムチの専門店があり、気軽に色々なキムチを購入できます。しかし日本では韓国料理店などで販売されていたりしますが、キムチの専門店はあまり見かけないと思います。私は自宅の近くにある鮮魚市場の中に、韓国で売られている色々なキムチを販売しているキムチの専門店を見付けました。その店の店員さんは韓国の女性が多いのですが、皆さん日本語が解るみたいでキムチを選ぶ際などにはキムチを使った料理法などを色々とアドバイスしてくれるので助かります。

おすすめサイト

関連情報